ロゴ

知っておきたい医療事情

説明

海外で病気やケガになったら

海外旅行に頻繁に行かれる方でも現地の医療事情を詳しく知っている人は稀です。安心して海外旅行を楽しむためにも海外の医療事情をしっかりと把握しておきましょう。

基本的には自由診療

場所によってことなりますが、基本的に海外の医療は自由診療になります。そのため治療費が高額になってしまうことも。盲腸の手術で数百万かかってしまう場合もあるのだとか。

医師を選べない場合も

日本では何科を受信するか、どの先生に診てもらうか自由に選べるのが当たり前ですが、海外では緊急性の高い場合以外は医師を選べないこともあります。特定の医師に診てもらったあとに専門医が診ることが多いようです。

治療費の一部が戻ってくることも

海外療養費制度という制度を利用すれば海外でかかった医療費の一部を補填してもらえることもあります。ただ日本での治療費が基準になってくるので満足のいく額が戻ってくるというわけではありません。

海外旅行保険を利用しよう

海外で病気やケガになったらどうしようという方は海外旅行保険を利用するといいでしょう。病気やケガはもちろんですが、盗難などの海外で起こりうる様々なトラブルに対応できるのでおすすめです。

日本と同じと思わないように

海外の医療事情が日本のものとは大きく異なることがわかってもらえたかと思います。海外旅行に行く際はトラブルにあってしまう可能性も考えて、海外旅行保険への加入も検討してみましょう。